「うらやましい」と思ったとき読む本 by 心屋仁之助 心がザワついたらそれが本心なのよ、覚えておいて! 自分の本心を大事にしましょ! 【書評】

いつも思っちゃう、カゲグチを言っている人を見ると。

それ、運気落とすんじゃないの?

聞いている自分の運気も落ちる!

「バカっていう人は自分がバカ!」ってよく小学生の頃言ってたけど、本当にそうなんだものね。

脳が勝手にカゲグチを自分のことだと思っちゃう。

だから言わないほうがいいよね、自分に損なだけ。

 

それに、楽しくないでしょー!

時間、もったいないでしょー!

もっと楽しいこと創り出すために時間を使おう。

 

なんでそんなことに時間を使うのか?

なんで、そんなカゲグチを言いたくなるのか?

それを心屋さんがこの本で言ってるのを知って、なるほど!

すごく理解できた!

今日はそんな本のご紹介。

 

 

 

「うらやましい」と思ったとき読む本 心屋仁之助著

 

 

 

心屋さんはこう書いている。

「嫉妬」「悪口」「陰口」「いやみ」、、、そういうことを言いたい気持ちがわいたとき、心の奥の奥の奥の底の底の底のいちばん底には、「自分のほうが素晴らしい」という気持ちがあるのです。

 

心がザワついたら、それが本心。

 

 

 

こうスパッと指摘してくれると気持ちいいですねー!

 

そうか、、、

今度から、カゲグチ言っている人を見たら、「この人は自分のほうが素晴らしい!」って思っているんだなぁ、って思えばいいのね ♪

けっこうカワイイノネ。

 

それに思った!

やっぱりみーんな素晴らしいのね!

だから、自分て素晴らしいのよって声が聞こえてくるのね。

いいよね、みーんな素晴らしいってさ。

それでいこうよ!

 

 

 

そしたら、自分のやりたいことをやっていこうよ。

自分のほうが素晴らしいのでしょう?

だったら、思ったことをやっていけばいいんじゃない!

えっ、ダメ?

なんでダメ?

って、わかるよ、私もそうだったからね。

そんな気持ちを心屋さんはこんなふうに言ってる。

 

 

 

あ、いま、「でもなー」って言ったよね。

その直前に何を思った?

「ほんとは◯◯したい」「ほんとは◯◯やめたい」って、思ったよね。

「ほんとは◯◯したい。でもなー、、、、、」

「ほんとは◯◯やめたい。でもなー、、、、、」

 

 

 

その「ほんとは、、、、、」にあなたの「やりたい」「やめたい」という本音があるんだ。

その「ほんとは、、、、、」にあなたの「やりたい」という「使命」があるのに。

抑えたらいけません。

勝手にあきらめてもいけません。

勝手にないことにしたら絶対ダメだよ。

勝手にムリだってことにしたら、これも絶対ダメ。

そうやっておいて「本音がわからない」って言うのは、見ないフリしてるだけだからね。

 

 

 

だったらどうするかって?

楽しい方法が書いてあるわ!

こんなふうに言うのですって。

 

 

 

「どうせ、自分なんて、、、、、すばらしいわよ!」と。

そうやって、早く「条件付き」でない、根拠のない「基礎自信」を作ってしまえばいいのです。

「できる」「できない」という自信は簡単に崩れます。

そんなこと続けていたら、自分のこと嫌いになっちゃうよ。

そんな風にすねていたら、世界が歪んでしまうよ。

世界はもっと優しいんだ。

 

 

 

世界はもっと優しいなんて、初めて聞いたわ!

だったら試してみない?

世界がもっと優しかったら嬉しいもの。

ちょっと勇気がいるけれど。

 

 

 

 

 

 

いつだってあなたは素晴らしい!

忘れないでね。

 

 

 

心がザワついたらそれが本心なのよ、覚えておいて!

自分の本心を大事にしましょ!

 

 

 

♥幸せになりたいママのおすすめ読書室 って?

いつも忙しいママのための読書室です。
今まで読んで役立ったこと、
これからママに役立ちそうなことを、ほんのチョットご紹介。
興味を持った本をみつけたら、スキマ時間をみつけて読んでみてください。
貴女の人生がきっとキラキラ輝きはじめますよ!

 

 

 

🍓イチゴハッピーレター 貴女にとどきますように、、、

画像の無断転載は禁止です。