畳替え、障子、襖張り替えで気分は新築!リフォームNo.14

男子2人を育てて築30年の我が家。

その間、度々畳替えの話しはあがったものの、今してもムダになるでしょと伸ばし伸ばしで30年、1度も畳替えをしてきませんでした。

当然畳の表替えだけじゃ済まないのではないの?と思うほどの畳の劣化ぶり。

襖も同様。

障子だけは毎年暮れの大掃除の定番として家族みんなでせっせと楽しく張り替えてきました。

が、子どもたちも独立。

それでもありがたいことに毎年大掃除のお手伝いに来てくれますが、障子を張り替える時間は取れません。

なので今回のリフォームでは障子の張り替えもお願いしました。

それも破けない障子に。

 

 

 

畳替えは工事表をもらい
「今回のリフォームの最終日です」
と言われて、私たち夫婦はノンキにその日1日で仕上がると勝手な思い込み。

さらに私はその日はお仕事があり朝から外出。

帰ってきたら青畳のきれいになった和室になるのネ♪と期待満載で。

 

 

 

そんな気分で帰宅したら、家の前にトラックが停まり畳の山。

これは一体どうしたのかしら?と思いながら家に入ると、夫が開口一番、
「どこへ寝ればいい?!」
と渋い顔。

1階も2階の和室も畳が無くなって板の間状態!

 

 

 

さらに襖も天袋も地袋も障子も全部搬出。

子どもが幼稚園生のときから、家は子どもにとっては第2の子宮だからと襖をギャラリーがわりに世界地図などを貼っていてボロボロになっていたのを搬出するのはちょっと恥ずかしかったです。

でもそれを畳職人さんに言ったら、
「皆さん、そうですよ。」
「きれいな方ですよ。」
「襖の桟がなくなっているお宅もありますよ。」
と言われて気が楽になりました。

襖の桟がなくなったいるお宅もリフォーム大丈夫ですよ!笑

 

 

 

畳搬出前の2階の8畳の和室。

擦り切れている畳!

実は奥は写真に撮れないほど!笑

元気な男の子たちだったのです!と子どものせい?笑

 

 

 

その和室がこんな板の間状態になってしまいました。

 

 

 

帰宅した私の
「ありゃ!畳はどうなるの?」
の問いに夫は
「畳はこれから工場!」
「戻ってくるのは4日後の木曜日!」
「それまで僕はどこで寝ればいいの?!」

 

 

 

リビングも2階の洋室もモノでいっぱい!

「、、、どう考えてもその板の間しかありません、、、」(妻のココロの声)

 

 

 

かくして、人生初、夫は板の間で寝ることとなりました。

私は冷えると身体に良くないのが心配でしたが、まだそれほど寒くなっていませんでしたし、彼は北海道生まれ、なんとかしのいでくれました。

今は畳の部屋が少なくなってきていますが、畳替えをお考えでしたら、その間の寝場所の確保、おすすめです!

 

 

 

そして夫が板の間でがんばって4日がすぎました。

待ちに待った嬉しい畳搬入日!

 

 

 

青い畳の山!

 

 

 

畳職人さんは背の高い優しいイケメンさん。

クロスを新しくしたばかりの階段もしっかり養生してくれて畳を搬入してくれました。

それにしても重たい畳をひょいと担いで搬入するのはお仕事とはいえ大変そう!

 

 

 

まずは1階の障子と地袋搬入です。

 

 

 

1階の襖と天袋も入りました。

 

 

 

2階の障子搬入しました。

 

 

 

畳1枚目搬入しました。

 

 

 

壁際の畳搬入しました。

 

 

 

この大きな洋服ダンスをどうやって板の間から畳の上に上げるのでしょう?

と思っていたら、何やら洋服ダンスの下に器具を入れました。

 

 

 

そして畳のキワまで持ってきました。

 

 

 

その器具の下に細長い畳と同じ厚さの板を器用に足で押し込みました。

そして大きな洋服ダンスはめでたく畳の上。

耐震装置をつけなくちゃ!

 

 

 

 

 

 

めでたく真新しい真っ白な障子と新しい青畳の香りの2階の和室になりました。

 

 

 

次は1階の和室に畳搬入。

 

 

 

 

 

 

感動ものの1階の和室になりました!

 

 

 

それにしても重たい畳を軽々と持ち上げて丁寧に段差をなくし畳同士の隙間を作らないようにピッタリはめ込む技!

2階に搬入するときは新しくなったクロスを傷つけることなく大きな畳を搬入。

畳職人さんおひとりで!

 

 

 

いちいち吠えてしまう我が家のマリアンヌにも優しい言葉をかけてくださり感謝です。

すぐにマリアンヌはシッポを振って甘える仲良しさんになりました。

そうそう、畳職人さんのお話では、ワンちゃんがびっくりしてちょっと開けた玄関から飛び出して行方不明になったことがあるそうです。

ワンちゃんはすぐに見つかったそうですが、そのワンちゃんを探しに行ったおうちの方を探すのが大変だったそう。

畳替えなど玄関を開けっぱなしにすることが多いリフォームの時は、お家のワンちゃん、猫ちゃんに要注意ですね。

 

 

ノンキな夫婦の勝手な思い込みから畳なし生活を4日することになってしまいましたが、無事に見違えるような我が家になりました。

それも、見ず知らずの職人さんが出入りするリフォームですが、何の心配もなく安心していられました。

訳の分からないところにお願いしたらこんな気分ではいられなかったでしょう。

そして職人さんたちが口を揃えて言うのは、

「市理さんなら間違いないですよ!」

の言葉。

 

 

市理さんと言うのは、今回リフォームをお願いした会社さんの社長さんのことです。

家を買うのも賭けでしたが、リフォームをどこの業者さんにお願いするのも大きな賭けと思っていました。

リフォームをスタートして来る色々な職人さん。

来る人、来る人、皆さん、優しい眼差しをしていらして、社長さんを褒めていました。

それには正直驚きました。

 

 

 

リフォームをお願いする会社をどこにするか賭けでしたが、しっかり賭けに勝ちました!

その市理さんのサイトはこちらです。

会社名はアースホームです。

 

 

 

イオンモール東久留米店、
イオンカルチャークラブ入間店、
入間コミュニティセンターペアーレ埼玉で
「生き抜く力を育てる絵画教室」を開催してます!

今年12年になる絵画教室が、イオンカルチャークラブでも「生き抜く力を育てる絵画教室」として新規開催!!

大きなリニューアルで、新しく生まれ変わり、さらに進化したこれからの時代を生き抜く創造力を育てる絵画教室です!!

 

@イオンカルチャークラブ東久留米店

@イオンカルチャークラブ入間市店での開催となります。

皆さま、ぜひご参加ください!!

 

引き続き、12年目を迎える入間コミュニティーセンターペアーレ埼玉では、

「生き抜く力を育てる絵画造形教室」(幼児〜小学生)

「小・中学生の油絵・デッサン絵画教室」を行っています。

子どもたちにこれからの時代を生き抜く創造力を育てたいとお考えのお母さま、お父さま、

ぜひ、ご参加ください!

 

あなたもワクワクハッピーママの仲間入り ♪
ワクワクハッピーママ・パパサポート受付中

毎日がワクワクのイチゴ(ニックネイム)です!

イライラママから、ワクワクママへ !

小さな1歩でワクワクライフが始まります。

幸せママだからこそ、いいママができるのですもの。

小さな1歩の詳細はこちらをどうぞ♡

 

🍓イチゴからのお手紙 いつもがんばっているあなたへ

このサイトの画像は著作権で守られています。他への使用は不可となっております。
The following two tabs change content below.

村上画子

★ウイリアムグラッサー国際協会国際会員 ★日本選択理論心理学会正会員 ★認定NPO法人日本リアリティセラピー協会会員  ★一般社団法人日本心理療法協会認定3色パステルアートインストラクター  ★イオンカルチャー子ども探求絵画教室 ★イオンカルチャー幸せ3色パステルアートセラピー ★ペアーレ埼玉子ども知育お絵描き教室 ★ペアーレ埼玉小・中学生の探求絵画造形教室 ★ワクワクハッピーママ・パパサポートセンター主宰 【芸術活動と、ワクワクハッピーママ・パパサポートのカウンセリング、コーチングを通して、「誰もがワクワクハッピー&爽やかな世界」をめざして活動しています。】 詳しいプロフィールはこちらからどうぞ♡

最新記事 by 村上画子 (全て見る)