「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく by アレクサンダー・ロイド博士著 愛する我が子に恐怖のプログラミングをしている!? 

幼稚園生の頃の子ども時代って覚えていますか?

私、幼稚園のお弁当の時間が大嫌いでした。

なんだか知らないけど、窮屈な着物を着せられて壇上で踊らされて気分最悪だったことだけは覚えてます。

 

 

 

で、ふと、思ったのです。

その子ども時代が、潜在意識を作っていた期間じゃないの?

 

 

 

そしたら、この本の中にこんな文章を見つけました!

 

 

 

たとえば、5歳の子供が、子供用の野球道具を使ってお父さんと遊んでいるとしよう。

子供はバットでボールを打とうとするが、空振りした。

それを見たお父さんは、笑いながらこう言った。

「そんなスイングじゃ、野球選手には絶対にならないな」

5歳児の脳は、その言葉をフィルターではじくことができない。

そうやって、「自分は野球選手になれない」というプログラミングができあがる。

6歳までにこうやって埋め込まれた記憶は、削除するのがとても難しい。

研究によると、子供の場合、ネガティブな思い込みを中和するには、その10倍のポジティブな言葉をかけることが必要になるという。

それなのに、たいていの親は、一つのポジティブに対して10のネガティブを子供に与えているのだ!

さあ、これで恐怖をベースにしたプログラミングのできあがりだ。

 

 

 

なんてことでしょう!

知っていれば、もっともっといい子育てができたのに!

私は本気でタイムマシンがほしい!

 

 

 

なので、今、子育て中のママ、パパに向けて、役立つ本のお知らせ。

今日は、そんな本のご紹介。

 

 

 

「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく アレクサンダー・ロイド博士著

 

 

 

子育てに役に立つようにと書いたけど、子育てって、まずママが幸せであることが前提。

ママやパパが不安定だったら、子どもは不安の日々を過ごすことになるわ。

だからその前に、幸せなママになれる希望の言葉をあなたに。

 

 

 

この本は、あなたになんと魔法の杖をくれるというの!

 

 

 

その魔法の杖とは何?

私と一緒に、これからこの本を読みながら探求していきましょう。

 

 

 

そう言いながら、初めにあまりにもショックな記載が、、、

 

 

 

自己啓発プログラムは97%の確率で失敗する

 

 

 

具体的な本の名前はここでは伏せさせていただきますが、私も何度も読み学んだ本です。

それが、なんと97%もの確率で失敗するですって!

 

 

 

それをアレクサンダー・ロイド博士は次のように言われているわ。

 

 

 

しかし、ハーバード大学とスタンフォード大学が行った最近の調査によると(この調査については第1章で詳しく見ていく)、この方法はただ効果がないだけでなく、むしろ97パーセントの人にとっては失敗の方程式になってしまう。

それはなぜか?

典型的な「欲しいものを決める、計画を立てる、計画を実行に移す」という三つのステップは、二つの前提の上に成り立っている。

一つは外側の結果を期待することであり、(ステップ1と2)、もう一つは、それを達成するのに意思の力を使うことだ(ステップ3)。

 

 

 

そしてこうも言われている。

 

 

 

第1章で詳しく見ていくが、人は何かを期待すると、結果がはっきりするまでは慢性的なストレスを抱えるようになる。

そして医学の研究でもはっきりと証明されているように、ストレスは万病の元だ。

それに加えて、間違いなく失敗の原因にもなる。

ステレスだけでなく、意思の力に頼るのも(ステップ3)、ほぼ確実に失敗につながる。

なぜなら、意思の力は顕在意識の力に頼っているからだ。

人間の潜在意識と無意識は、顕在意識の100万倍は大きな力を持っている。

つまり、潜在意識と無意識のチームが、顕在意識が司る力と直接対決するようなことになったら、何回やっても顕在意識の負けになるということだ。

 

 

 

さらに!

 

 

 

それに加えて、潜在意識がブロックしているある結果を、意思の力を使って「ムリヤリ」引き起こそうとすると、ストレスが急激に大きくなる。

ここでもまた、人生のあらゆる問題の引き金になっているストレスを活性化させてしまうのだ。

 

 

 

意思の力は有限だということは、勝間塾を主宰されていらっしゃる勝間和代さんからいつも聞かされていて、実感としてわかっています。

だから、有限な意思の力をどう1日の中で使うか(ほぼ午前中)は重要です。

それに加えて、潜在意識がブロックしているある結果を意思の力で何とかしようとすると、大きなストレスがかかるという。

潜在意識がブロックしているかどうか?

つまり、顕在意識はやろうと思っているのに、潜在意識は拒否しているということ。

それって、どうやったらわかるの?

潜在意識は、自分では意識できない領域なのに。

 

 

 

ここで、私は思い当たることができます。

なぜなら、習慣力について学び、実行してきたから。

私は、潜在意識が拒否する感覚がわかります。

私の場合は、顕在意識でやろうと思っても、潜在意識が拒否しているときは、重苦しい嫌ーな気分になるのです。

これは、人によって様々でしょう。

あなたも、意思の力で何かやろうと思ってみて。

そのとき、どんな感じになるか、自分を感じてみて。

推測だけど、それがあなたの潜在意識からのメッセージじゃないかなと思うわ。

初めてだとまだよくわからないかもしれないけれど、、、

 

 

 

この本のすごいところは、その潜在意識を変えようということ!

その方法、魔法の杖を手に入れることができるということ!

 

 

 

 

 

 

毎日、忙しいわ。

アッという間に1日は終わっていくわ。

子どもたちも同じ時間の中を過ごしているわ。

でも、子どもたちは1年経つと、幼稚園の年少さんは年中さんに。

年中さんは年長さんに。

年長さんは小学校1年生になっていくわ。

小学校1年生は、80字の漢字を覚えるわ。

小学校6年生で、1,006字にもなるわ。

ママも新しいことを知っていきましょう。

 

 

 

新しいことを学ぶのが大変だと実感すると、毎日幼稚園に行ったり、小学校に行っている子どもたちを見る目も少し変わるかもしれないわ。

それにね、今は忙しくてママだけをしていればそれで何事もなく過ぎていくわ。

でもね、ママはいつか卒業する日がくるわ。

子どもたちを、子どもたち自身の人生の大空に気持ち良く羽ばたかせてあげられるママでいるには、ママ、あなた自身が充実していないと淋しさに押し潰されちゃうから。

 

 

 

子どもたちがステップアップしていくように、ママ、あなたもステップアップ!

この本を、まずは手に入れてネ。

少しずつ読み解いて、一緒に魔法の杖を手に入れましょう!

 

 

 

続きはまた今度。

お楽しみに♡

 

 

 

♥幸せになりたいママのおすすめ読書室 って?

いつも忙しいママのための読書室です。
今まで読んで役立ったこと、
これからママに役立ちそうなことを、ほんのチョットご紹介。
興味を持った本をみつけたら、スキマ時間をみつけて読んでみてください。
貴女の人生がきっとキラキラ輝きはじめますよ!

🍓イチゴハッピーレター 貴女にとどきますように、、、

画像の無断転載は禁止です。