春休み、子どもと行くなら勉強にもなるおすすめはここ、江戸東京たてもの園! 今なら歴史に興味が持てる江戸時代の上野の桜の屏風絵も! 小金井公園はお花見、バーベキュー、ドッグランと盛り沢山!(No.1)

江戸東京たてもの園がある小金井公園です。

ここはあまり宣伝をしていないので、まだよく知られていません。

が、中身は濃くてびっくりです!

室内展示と屋外展示があります。

まずは室内展示をご案内いたしましょう。

IMG_3597

正面の江戸東京たてもの園の両脇は大きな桜でいっぱいです。

毎年、桜の開花が楽しみですね。

IMG_3450

今、江戸東京たてもの園では、室内展示として「小金井の桜」と題して特別展を行っています。

会期は2016年5月8日までです。

IMG_3463

春の江戸東京名所めぐりと言えば、まずは上野ですね。

IMG_3466

素晴らしい屏風絵です。

よく知っているところが、このような江戸前期に描かれたものとして存るのは、とても興味深く関心をもって見ることができます。

「上野動物園があるところが、江戸時代はこんなふうだったんだね」と子どもに言葉かけもいいかもしれません。

IMG_3468

IMG_3467

こちらは、不忍ノ池。

美しいですね。

人々は小さく描かれているのに、こちらの視線も向こうの桜に誘われるようです。

IMG_3471

IMG_3472

こちらは隅田川。

春の穏やかな空気を感じます。

IMG_3473

IMG_3474

浅草です。

IMG_3475

これは、撮りきれなくて二枚になっています。

楽しそうなお花見の女性たちの話し声が聞こえてくるようです。

「今から160年くらい前は、こんな格好をしてお花見している女の人たちがいたのね」と子どもに言葉かけもいいかもしれません。

IMG_3477

IMG_3478

IMG_3476

こちらは、小金井の玉川上水の桜でしょうか。

夜桜も楽しんでいたのですね。

まだ、明かりも少ない頃だったでしょうから、夜桜もひときわ妖艶だったかもしれませんね。

IMG_3493

IMG_3494

これは写真の技術ができて、撮った白黒写真に着色したものです。

「昔の写真は白黒で、これはその上に色をつけたもの」と子どもに言葉かけもいいでしょう。

西洋のはよく見かけましたが、小金井公園の風景写真の着色したものは初めてみました。

喜平橋は、私の子どもの頃の馴染みの場所なので、感慨深いです。

お花見に行く人たちの様子がよくわかりますね。

IMG_3495

IMG_3496

IMG_3497

小金井公園の江戸東京たてもの園の室内展示は、まだまだステキなものがいっぱいあります。

また次回お話いたしましょう。

土・日はとても混むとのことです。

お花見の季節は大変な混みようになりそうです。

駐車場はありますが、限りがありますのでお気をつけください。

🍓イチゴハッピーメモ

 

画像の無断転載は禁止です。