選択理論から子供の絵を考えてみると。埼玉県入間市にあるカルチャーセンター・ペアーレ埼玉の子ども知育絵画造形教室では、制作を通じて得られるメリット(効果)は、子供の心や自信も育てることです! 

選択理論から子供の絵を考えてみると。
埼玉県入間市にあるカルチャーセンター・ペアーレ埼玉の子ども知育絵画造形教室では、制作を通じて得られるメリット(効果)は、子供の心や自信も育てることです。

こちらでは、ワクワクワイワイ王国バックの制作中です。

「自分を楽しませるもの」を描いている最中です。

おいしそうなおやつがいっぱい。

とっても楽しそうですね。

IMG_2650

米国の精神医学博士、ウイリアム・グラッサー博士が著した『グラッサー・博士の選択理論』の中に、五つの基本的欲求と言われるものがあります。

一つ目は「愛・所属の欲求」

二つ目は「力の欲求」

三つ目は「自由の欲求」

四つ目は「楽しみの欲求」

五つ目は「生存の欲求」

人は、基本的欲求が満たされているとき、欲求の充足ができるので気分が良くなります。

今の彼女の笑顔はどこから来ているのでしょう?

大好きなお菓子がいっぱいの自分への贈り物という楽しみの欲求が満たされているところでしょうか?

おいしそうにお菓子がたくさん描けた力の欲求が満たされたからでしょうか?

おそらく、両方の欲求が満たされた笑顔ではないかと思います。

本当のところは彼女に聞いてみないとわかりませんが。

 

おいしそうなお菓子がダンスをしているようにも感じられる絵になりました。

IMG_5030

こちらは裏の絵の制作中です。

テーマは「誰かを喜ばせるもの」

IMG_3650

今度はおいしそうなフルーツがいっぱいです。

健康に良さそうですね。

IMG_5047

さぁ、このフルーツは誰にあげるためのものでしょう?

誰かに何かをしてあげる経験は、兄弟姉妹で妹や弟がいれば、その機会は山ほどあります。

山ほどあり過ぎて、いつもいつも我慢させられてやってあげるばかりでは、本人の愛・所属の欲求が満たされません。

特に一人っ子の場合は、兄弟姉妹の競争もなく、何かをしてあげる経験をする機会がありません。

人は、社会の中で生きていくので、社会性は大切です。

親がその機会を十分に与えてあげる環境を作ってあげる必要があります。

さぁ、彼女は、このバックに何を入れて、誰にプレゼントするのでしょう?

🍓イチゴハッピーレター あなたに届きますように、、、

埼玉ペアーレ キッズ講座
c36 3歳からこそ知育お絵かき教室
c37 子ども知育絵画造形教室(小学生)

画像の無断転載は禁止です。