山手 洋館めぐり えの木ていで150年のアンティークを楽しみながら珈琲&ケーキタイム!(No.4)

山手 洋館めぐり えの木ていで150年のアンティークを楽しみながら珈琲&ケーキタイム!

IMG_6025
▲大きな榎に寄り添うようにたたずむえの木てい。

「かつて外国人居留地であった横浜山手には大正から昭和初期にかけて建てられたレトロな洋館が今でもあちらこちらに点在しています。

「えの木てい本店」もその洋館のひとつで、昭和2(1927)年日本人建築家朝香吉蔵氏が設計した英国式の洋館で当時を偲ばせる貴重な建築物としても知られています。

元はアメリカン人検事が暮らしていましたが、昭和45(1970)年に現オーナーのご両親が自宅用に買い取りました。

歴史的建築物として有名なこの洋館には多くの人が撮影に訪れていました。

もともとお菓子やお料理を作るのが大好きだった現オーナーのお母様は、時折そんな人々を招きいれて自家製のケーキとお茶でおもてなしをしていたのが始まりで、昭和54(1979)年、1階のリビングをカフェとしてオープンいたしました。店名は庭にある大きな榎から名づけられました。

木製の上げ下げ窓、冬は薪を焚く暖炉、150年以上も昔のアンティーク家具など、古き良き山手の雰囲気を漂わせるティールームでは、レアチーズケーキや英国風スコーンなどオープン以来のレシピをそのまま受け継ぐ人気メニューが今も健在です。」

<参考文献>えの木ていの歴史

IMG_6021
▲えの木ていは、赤い屋根の可愛らしいカフェ。

大きな榎の木陰で珈琲を戴くこともできるお庭もあります。

IMG_6018
▲木製の上げ下げ窓から、気持ちのいい風。

冬は薪を焚く暖炉、150年以上も昔のアンティークをながめながらの珈琲&ケーキタイムのお味は格別。

IMG_6015
▲イチゴのミルフィーユ。

IMG_6016
▲パイはサクッと、クリームはほど良い甘さとコクのおいしいケーキ。

珈琲&ケーキタイムにも、サンドイッチなどのランチタイムにも楽しめます。

2階は6人までの貸切りアフタヌーンティーもできます。

石川町駅から、西洋館のブラフ18番館、外交官の家、ベーリック・ホールと楽しんで、このえの木ていに到着。

あなたなら、珈琲&ケーキタイム?

それともランチタイムにしましょうか?

夫婦デート?

それとも、気のおけないお友だちと2階でスイートタイムのアフタヌーンティーパーティ?

いつでも優雅なスイートタイムが流れています。

150年役に役立ち続ける豊かさを持っているアンティーク、、、尊敬です。

そして、その出会いに感謝です。

♡ えの木てい ♡
所在地:横浜市中区山手町89-6
TEL:045-623-2288
営業時間:11: 00~19: 00 (L.O.18: 30)
定休日:なし
2階のスイートサロンは予約が必要です。

🍓イチゴハッピーレター あなたに届きますように、、、

画像の無断転載は禁止です。