秩父の温泉 西武秩父駅前温泉 祭の湯! 2017 年4月24日オープン! 滞在できるプレミアムラウンジもありますよ!

2017年4月24日に、西武秩父駅前祭の湯(まつりのゆ)がオープン!

西武秩父駅前に秩父地域の特色を生かした物販・フードコート を備えた複合型温泉施設 「西武秩父駅前温泉 祭の湯」ができます。

 

 

 

 

 

 

秩父といえば、秩父夜祭が有名です。

 

秩父の総社、秩父神社の例大祭。京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに「日本三大曳山祭り」に数えられ、毎年、12月2・3日に行なわれます。

祭礼当日は絢爛豪華な2台の笠鉾と4台の屋台が曳行されます。 クライマックスは3日の夜で、最大20tもある屋台・笠鉾をお旅所への急な団子坂(だんござか)を引き上げる様子は大迫力です。

この祭りは江戸中期、秩父神社に立った絹織物の市、「絹大市」(きぬのたかまち)の経済的な発展と共に、盛大に行われるようになり、その後日本を代表する祭りとして知られるようになりました。

詳細はこちらをどうぞ。

 

平成28年12月1日にユネスコ政府間委員会で、「秩父祭の屋台行事と神楽」を含む『山・鉾・屋台行事』が、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。

詳細はこちらをどうぞ。

 

 

 

このような秩父にできる温泉施設。

温泉は、男湯 5 つ・女湯 6 つの内湯に加えて、男女それぞれ 4 つの露天風呂!

秩父は美しい自然がいっぱいの場所。

気持ちのいい自然の空気の中で、それを眺めながら温泉にゆったりつかれる。

心も身体もリフレッシュしそう。

これは楽しみですね!

 

それから、なんと翌朝まで滞在できる「プレミ アムラウンジ」があるのですって!

ホテルではないけれど、温泉につかったあともゆっくり過ごせるのね。

ただし、金・土・祝前日・特定日のみ。

いつでもっていうわけではないのが残念!

実際に行ってみたら、またレポートしますね。

 

 

 

秩父名物の販売、ちちぶみやげ市もあるのですって。

そこは入館無料なのが嬉しいわ。

 

そうそう、3 月 25 日(土)には元町・中華街駅と西武秩父駅を結ぶ有料座席指定列車「S-TRAIN」も運行が始まって、より秩父へのアクセスが便利になったそう。

横浜と秩父の2箇所の観光名所がつながったというわけね。

どちらも楽しみ ♪

 

行き方としては、やっぱり電車がおすすめ。

だって「西武秩父駅前温泉 祭の湯」は、西武秩父駅の前ですもの。

西武秩父駅までは、池袋から西武鉄道の池袋線(西武秩父線に直通)の特急レッドアロー号(ちちぶ号)が便利。

池袋から西武秩父まで、およそ80分で、大人運賃780円+特急料金700円で1480円。

飯能駅で乗り換えの急行なら、西武秩父駅まで約105分、大人運賃780円。

秩父鉄道なら、御花畑駅から徒歩5分。

熊谷駅から御花畑駅まで、急行秩父路号で約55分、普通列車(各駅停車)で約70分。

「SLパレオエクスプレス号」も利用可。

 

専用駐車場は39台分。

車で行くには、関越道の花園ICで降りて、皆野寄居有料道路を経由、約2時間。

車は何かと便利だから私も車で行きたいけど、駐車場が39台しかないから、やっぱり電車がおすすめ。

おでかけの前には、ご確認されてからどうぞ。

 

 

詳しい西武鉄道のお知らせはこちらをどうぞ。

 

 

 

オープン初日、行ってきました!

整理券が配布されました! こちらをどうぞ。

これは、身も心もマッタリ! こちらをどうぞ。

女性専用プレミアムラウンジはこちらをどうぞ。

 

 

 

<西武秩父駅前祭の湯(まつりのゆ)>
■交 通 西武秩父線 「西武秩父」駅前 関越自動車道花園I.C.から国道140号線で31km(平常時45分)

飯能から国道 299 号線で 39km(平常時 55 分)

◇お客さまからのお問合せ先

★おでかけの前には、ご確認されてからどうぞ。

西武秩父駅前温泉 祭の湯 TEL.(0494)22-7111 (お問合せ時間 10:00~18:00)

 

西武秩父駅も、和のテイストいっぱいのステキな駅にリニューアル!

それはこちらの記事でどうぞ!

 

西武秩父駅から徒歩で行ける芝桜いっぱいの羊山公園はこちらをどうぞ。

 

それから、この中間点にある所沢もステキなところよ。

野球で有名なメッドライフドーム(旧西武ドーム)は所沢。

野球はもちろんのこと、毎年行われる「バラと国際ガーデニングショウ」は会期中、いつも大人気。

こちらもぜひ行ってみてね!

 

西武新宿線の新所沢駅からすぐのところには、あの有名な乃が美の高級生食パンのお店もあるわ。

こちらもおすすめ ♪

 

 

 

🍓イチゴからのお手紙 いつもがんばっているあなたへ