今、一番難しい仕事をしているのはお母さん!子どもにどんな知識・体験をインプットをするかでアウトプットが決まれば、こんなラクな子育てはないけれど、、、

子どもにどんな知識・体験をインプットするかで子どものアウトプットも決まったら、こんなラクなことはないラクチン子育てになります。

残念ながらそんなことはありません。

子育てって、ビックリ箱です。

だって何が飛び出すかわからないのですもの。

良かれと思って連れていった博物館にまったく興味を示さず、親としてはがっかりなんてことも。

私の場合は、何と言っても英語。

幼児のときに英語の教室に連れていったけど、まったく興味を示さず、、、

振り返れば、今ならもう少し子どもが興味を持てるアプローチができたかなぁと思います。

具体的なヒントのお話しは、また今度いたしましょう。

やっぱり環境が大切、つまりインプットが大切。

インプットがなければ、アウトプットもありえない。

だから、興味を持つか持たないかはわからないけれど、できる限りの環境を整える、様々な体験が大事です。

優しさにふれて、心が癒された経験がなければ、人に優しくできない。

応援されて、力をもらった経験がなければ、応援できない。

日本人として、日本の文化を知らなければ、日本人として誇りを持てない。

美しいことの素晴らしさを知らなければ、美しいものを愛することはできない。

知ることの楽しさを知らなければ、探究心は生まれない。

親としてできることには限度がありますが、精一杯やったという自負があれば、いつでも前進していけます。

お母様、あなたのお子様はまだヨチヨチ歩きの赤ちゃんですか?

そうでしたら、今は、目が離せなくて大変です。

お母様、あなたのお子様は、まだ身体は大きくなっていても、心はヨチヨチ歩きの知らないことだらけの子どもですか?

そうでしたら、今は、心が離せなくて大変です。

そして、大変でもがんばっちゃうのがお母さん。

知らず知らずの間に、心は疲れていますよ。

ときには、家の中が散らかっていても、

ときには、手作りのごはんでなくても、

お母様ご自身に優しくしてあげてくださいね。

365日、お休みすることなく、優しいお母さんであり続けるなんてできっこないのです。

残念ながら、それに気づいてあげるのは、お母様、自分しかありませんよ。

お母様ご自身に優しくしてあげて、また元気になったら、お母さんをがんばればいいのです。

そしてね、子育ては、お母さんとお父さんと半分コ。

お父様と一緒に、子育ての歓びも大変さも分かち合っていきましょう。

どうやって、お父様と分かち合っていくか、そのコツもこの🍓ブログでお話ししていきましょうね。

もし、あなたがひとりで子育てをがんばっていらっしゃるお母様なら、どうにかして自分の子育ての支援者をつくりましょう。

私は、夫は遠い北海道の人でしたから、夫の母に子育てを助けていただくことはできませんでした。

精神的なバックアップにはなっていただきました。

親身になってくれる信頼できる人のバックアップは、とても大きな心の支えとなりました。

自分の母は、それこそ母の子どもたち、つまり歳の離れた私の妹や弟たち、10歳下の弟、12歳下の妹、14歳下の弟、その上身体の不自由な兄の世話で、心も身体も今思えばギリギリだったことでしょう。

共感性の高い、いわゆるいい子だった私は、高校進学も、大学進学も、就職も、結婚も、出産も子育ても、誰にも頼らずにひとりでやってきました。

子どもは、母親ひとりでは育たないと知っていたので、協力してくれる支援者をつくりました。

それは、ご近所さんだったり、公園や学校のお母様だったり、図書館のお姉さんだったり、習い事の先生だったり、お買い物中に子どもと一休みしたときの隣のおじいさんだったりしました。

お母様ご自身に優しくしてあげること。

子育ては、お父様と、誰かと分かち合うこと。

それが、大事な今の子育てのヒケツです。

〜もっともっと幸せになっちゃいましょう〜

🍓イチゴハッピーメモ

画像の無断転載は禁止です。