子どもが勉強しない悩みを持つお母様へ、子どもを育てる言葉かけ! 子どもが喜ぶ「千と千尋の神隠し」、釜爺のボイラー室の壁一面の引き出しはこれ!小金井公園・江戸東京たてもの園は宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」のアイデア誕生のたてもの! それを子どもと楽しみながら!(No.4)

『江戸東京たてもの園』には、ボランティアで会場を説明してくださる方々がいます。

たくさん楽しいお話しが聞けます。

なんと、「江戸東京たてもの園」は宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」の作品には、「江戸東京たてもの園」の風景が使われています。

これは、子どもたちは喜ぶでしょう。

さぁ、これをどうやって、子どもの興味・感心を深めましょうか?

IMG_3538

宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」の釜爺の薬箱のアイデアは、このたてものからです!

釜爺が働くボイラー室の壁一面の引き出しがこれです!

IMG_3535

すごい数の引き出しです。

名札も付けられるようになっています。

お母様、あなたはこの引き出しに何が入っていたと思いますか?

IMG_3532

元は、筆やさんの筆入れでした。

色々な種類の筆が入っていたのですね。

「こんなに引き出しがあったら、あなたは何を入れたい?」なんていいう子どもへの言葉かけも楽しい答えが出てきそうです。

IMG_3533

看板があります。

IMG_3534

お隣です。

IMG_3541

その他にも色々なたてものがたくさんあります。

村上精華堂です。

IMG_3529

たてものの外壁の模様と、たてものを囲む竹の柵の組み合わせも美しいです。

IMG_3531

店先にタバコ屋さんもある鰹節屋さん。

子どもに「これは何屋さんだったのかな?」という質問もいいでしょう。

たてものの看板を見て、日本語が右から書かれていたことや、かつおぶしの漢字も読むことができますね。

IMG_3543

凝ったたてものです。

これは何のたてものだったのでしょうか?

IMG_3542

宮崎駿監督の、「千と千尋の神隠し」の千尋のお母さんとお父さんが豚になったアイデアはこのたてものです。

「お母さんとお父さんが豚になっちゃったらどうする?」なんてちょっとふざけた子どもへの言葉かけも楽しいでしょうか?

IMG_3547

形がユニークなたてものもあります。

IMG_3530

IMG_3546

美しい何気ない照明のデザインです。

IMG_3581

中には、お釜に柄杓もあります。

IMG_3579

こちらは竹かご。

IMG_3580

あなたの子どもはどんなことに興味を持つでしょう?

子どもが小さな興味を持ったことを見つけたら、そこを広げてあげるのが、子どもを伸ばす秘訣です。

例えば、興味を持ったものについての本を図書館で借りてみる。

これは、子ども任せにするのは難しいです。

お母様の方で、図書館から借りて期日いっぱいお家に積んでおき、自分も開いて読んでみるなどがいいでしょう。

「この間、江戸東京たてもの園で見たのがあったよ!」なんて子どもが言ってきたら、その時は大いに褒めて、一緒に楽しんであげてください。

更に詳しい博物館を探して行ってみるのも、子どもにとっては、自分の気持ちを汲んでくれた嬉しい思いで学びも深まるでしょう。

私が子どもの頃は、親が高いお金を出して、重たい何十巻もあるような百科事典を買わなければ、この世界の知識を得ることはできませんでした。

時代は変わりました。

PCの発達で、膨大な知識が、瞬時に得られる世界へと変わったのです。

その世界で、子どもたちが生き生きと瞳をきらめかせて生きていけるように、大人は導いてあげなければなりません。

どう導いてあげればいいか、悩みところです。

そんなとき私は、美智子皇后の言葉を思い出します。

「幸せな子」を育てるのではなく

どんな境遇に置かれても
「幸せになれる子」を育てたい。

そんな子どもに育てるにはどうしたらいいのでしょうか?

ひとつの答えは、「探求学習」だと私は考えています。

子どもたちに、自分が興味を持ったことに関して探求させてあげること。

その前には、探求したい興味・関心のあることを見つけて育てなければなりません。

この🍓イチゴブログがその一助になりましたら幸いです。

次は、湯婆婆のお風呂屋さん「油屋」の「子宝湯」です。

 

🍓イチゴハッピーメモ

画像の無断転載は禁止です。