ファーバーカステル (FABER-CASTELL) 、東京ミッドタウンにある 世界最古のドイツのメーカーの鉛筆を子どもに持たせたら?

ファーバーカステル (FABER-CASTELL)、東京ミッドタウンにある世界最古のドイツのメーカーの鉛筆を子どもに持たせたら?

東京ミッドタウンは、ホテル (ザ・リッツ・カールトン東京)、サントリー美術館、130のショップ、オフィス、住居、病院、公園がある2007年に開業した複合施設です。

「新しい価値を創造する一歩先行く都市のカタチ」というコンセプトでできたものです。

こちらはそびえ立つようなエントランス。

IMG_4445

IMG_4448

 

IMG_4449

IMG_4450

IMG_4452

IMG_4453

IMG_4455

IMG_4456

解放感あふれる窓から、緑いっぱいの檜町公園が見えます。

東京ミッドタウンは、いい環境は人にも街にもとても大切なことだと考えています。

「緑は、土の上にいのちの種をまき、街に涼やかな風と開放感を与えます。

人に癒しと活力を与え、人の心に創造という知を授けます。

緑に生まれ、緑に生きる。

感性を育み、知を育む、そんな街でありたいと考えています。」

(Tokyo Midtown コンセプトより)

IMG_4458

 

ミッドタウン、ガレリア3階には、
『FABER-CASTELL』(ファーバーカステル)、
世界最古の1761年にドイツで創業が始まった鉛筆メーカーがあります。

鉛筆の世界基準となっているHやHBなどの硬度、また長さや六角形の形などを作り上げた世界初の鉛筆メーカーです。

IMG_4465

気軽に使えるペンもいいですが、こんなステキなミッドタウンの世界最古という伝統あるお店のペンを、子どものときに持てたらどんな気分になるでしょう?

今、私が子育て中なら、お誕生日や何かの記念に、新国立美術館でアートを堪能した後、子どもと一緒にここへ来て、
「さぁ、今日は◯◯のお祝い! だから、今日はあなたの好きなペンをプレゼントするわ。 好きなものを選んでね。」
って、したいと思います。

そのとき大事なことは、決してこちらの親の意向を醸し出さないことです。

子どもはとても敏感です。

親の意向を汲み上げようとします。

そのとき、本当に自由に選んでいいのだと感じた子どもは、のびのびと自主性を持って選ぶことができます。

では、どんなことでも「自分で選びなさい」だけでいいかというと、ちょっと違います。

それは、また今度お話いたしましょうね。

子どもに気持ち良く自分で選ばせたとしても、それがどんな結果を残すかわかりません。

もしかしたらすぐに飽きてしまうかもしれません。

でも、きっと子どもの心に育つものがあると信じて、、、。

そう、子育てはいつもカケなのです。

IMG_4467

IMG_4461

IMG_4460

IMG_4462

ステキなエプロンです。

IMG_4463

ミッドタウン、地下1階には、
『Precce Premium』(プレッセプレミアム)、
ハイクオリティー&ハイサービスの高級スーパーマーケットがあります。

IMG_4471

真っ赤なトマト!

IMG_4472

種類がいっぱい!

IMG_4473

大きなパイナップル!

IMG_4474

サンドイッチ!

IMG_4477

美味しそうなケーキ!

IMG_4483

たくさんの地域の海苔。

IMG_4479

おしゃれなドレッシング!

IMG_4480

色とりどりのお酢!

IMG_4481

1000円のお塩!

IMG_4482

たらばかにのレトルトカレー!

IMG_4484

たくさんの種類のラーメン!

IMG_4476

帰り道にもこんな大きなオブジェ!

IMG_4488

東京ミッドタウンは、大江戸線と日比谷線の六本木駅から直結しています。

IMG_4489

「共生、共鳴、共創する世紀」と言われています。

そんな時代の最先端の空気を感じる街、『ミッドタウン東京』。

ひとり私デートもいいし、恋人デート、夫婦デートもいい。

ピュアな子どもの心にきっと何かの種を蒔くことができて、それが何かはわからないけれど何かに育つと思うから、子どもたちにも見せてあげたい、、、

でも、子どもたちに街を創らせたとしたら、どんな街を創るのでしょう?

🍓イチゴハッピーレター あなたに届きますように、、、

画像の無断転載は禁止です。