ダイエット 運動でやせる! コツは楽しみをみつけること! それで30年前の体重に!

ダイエット 運動でやせる!
コツは楽しみを見つけること!
それで30年前の体重に!

 

★ 楽しみ1. 運動が楽しい

★ 楽しみ2. オシャレが楽しい

★ 楽しみ3. 食べるのが楽しい

< ★ 楽しみ1. 運動が楽しい >

本当は膝のリハビリのためのジムのスタジオプログラムに参加しにきたのに、お目当てのプログラムがお休み。

それでお友だちにさそわれて、初リトモス体験。

私にとっては普通なら継続しない過激なダンスプログラム。

ところが、そのインストラクターの K 先生がとってもステキで続けることに。

週5時間ある K 先生のスタジオプログラムに参加しはじめ、それは8年目の今でも楽しく継続中!

< ★楽しみ2 オシャレが楽しい >

img_0141-1

▲ジムで着るスポーツウエアは楽しいデザインがたくさん。

お気に入りを着てFacebookにUP、お友だちにほめてもらえてさらにモチベーションUP!

< ★楽しみ3 食べるのが楽しい >

img_3200

▲ある日の朝食

目玉焼き・ブロッコリーお豆サラダ・スイカ・ココナツオイル&バター入りコーヒー

img_2583

▲ある日のおでかけランチ

こんなのも好き!

img_9438

▲ある日のおでかけスイーツ

こんなのも好き!

img_2885

▲ある日の銀座泥武士キッチンのオーガニックお野菜食べ放題のランチ

でもこんなのがダーイスキ!

img_2888

▲身体が喜ぶ木樽仕込み米味噌、ダーイスキ!

img_2887

▲旨みがギュッと詰まったおいしい鶏肉は食べたあともサッパリ。

img_2893

▲何度食べてもたべあきないアボカドまぐろ丼。

お菓子だって、ケーキだって、大好きだけど、問題は食べたあと!

手軽な値段でおいしいものはどこでも山のよう。

でも、食べたあと、いつまでも口の中がサッパリしないで気分が悪くなる。

食べて数時間後の空腹感が尋常じゃなくなる。

なぜだろうとずっと疑問だった。

それがなんと、白米、小麦粉、白砂糖に中毒性があるなんて知ったときは腰が抜けそうになるほど驚いた!

ああ、だから気持ちの良い満腹感を感じず、もっともっとと食べたくなるのね。

ああ、だからしばらく経つとまた食べたくなるのね。

それがわかってからは、口に入れるものに気をつけるようになった。

身体が喜ぶ、心が満たされる、そういう食べもの。

それを食べる喜びが、むやみやたらに食べるようなことをしなくなる。

食べる喜びが適正なボディーを創る。

食べているときも、食べたあとも、食べてからずーっとあとも、身体と心においしいものは楽しいのだ!

でもやっぱりケーキ食べちゃうヨン ♪

img_4208

▲平成20年9月30日、運動不足で筋肉が目に見えて細くなり、膝痛をおこしたころの筋肉状態。

膝痛をおこして、おばあさん、おじいさんがたくさん来ている整形外科に行って衝撃。

膝痛は1歩1歩歩くたびに痛くて、ふだんのお買い物さえ苦痛になるほど。

学生時代は運動が好きだったけど、30代から40代ではすっかり運動らしきものはしなくなっていた。

そして気がつくと、ももの筋肉はすっかり細く、、、。

そして膝痛を発症。

電気を当てたり、湿布をしたり、なんとか痛みが弱くなってきたところで、筋トレのためにジムへ。

そしてインボディを計測。

案の定、脚の筋肉は標準以下で水色表示。

 

img_4210

▲もともと小柄なので、体重は標準より低くて98.4%。

やっぱり骨格筋肉量は100%に満たず、98.0%。

体脂肪量はりっぱな100%!

この体脂肪量はどう考えても産後太りのお腹まわり。

さて、痛む膝をだましだましジム通い。

この意を決してジム通いを始めたのも、勝間塾の勝間さんのサポートメールのおかげ。

おかげで今は歩く速さは夫より速いほど。

どこへでも出かけられる体力もついて、楽しみが広がり、毎日ワクワク!

勝間さんとその仲間にいつも感謝!

img_4212

▲平成28年9月5日、週5時間のジム通いで低かった筋肉量も標準に。

img_4211

▲体重が1番自分でも驚き。

学生の頃、無理なダイエットでやっと45kg前後。

子どもを産んでからんはその体重には絶対にもどらなかった。

それが今、45kg前後!

骨格筋肉量は100%を超え、体脂肪量もびっくり85%。

体脂肪率でいうと、20%を切って19.7%!

細ければいいわけでなく、機能重視なので、嬉しい今の結果。

< まとめ >

健康は宝物。

私もよもや自分が膝痛になるとは夢にも思っていなかった。

自分の身に降りかかってこないことは、なかなか実行するのが難しい。

先人の方のお話を聞くのは学びのひとつかもしれない。

身体に麻痺の後遺症が残った知り合いの方が「こわくてもうお酒は飲みません。病院にはそんな人がたくさんですよ。」と私に話してくれた。

その前から、勝間さんのお話でお酒を飲むのはやめたけど、さらにその気持ちを強くした。

ほどほどに楽しむならそれもいい。

私のようにお酒が入ると眠くなりその後の時間が消えてしまうより、本を読む楽しみに浸りたいという人は飲まなければいい。

つまり、健康に貢献する楽しみを優先。

運動の楽しみ。

オシャレをする楽しみ。

気持ちの良いものを食べる楽しみ。

貴女の楽しみは?

img_3196

🍓イチゴハッピーレター 貴女にとどきますように、、、

画像の無断転載は禁止です。