ドキドキ、初めてデッサン、描けてニッコリ!!!☆☆☆ 鉛筆1本で始める絵心教室!!!☆☆☆

「どうやって描けばいいのかわかりません!」
初めて「大人の鉛筆1本で始める絵心教室」にいらしたその方は言いました。
「どこから描けばいいのかわかりません!」
イーゼルに立てた真っ白な画用紙を前にして、その方は言いました。

今、何かしようと考えたとき、私もそうですが効率を求めます。
より早く、より簡単に、苦労なく求める結果を得たい。
言ってみれば、ファーストフードが、短時間で待たずに食べられる手軽な食品としてもてはやされていたように、生き方もファーストライフ!?に価値を持っていると言えるのでしょうか?
なので、初チャレンジの多くの方が、絵を効率的に描くためのマニュアルを求めます。

では、私が「1番初めに描く線はここです。2番目にはここに横線を描いてください。」と言って描いていったらその絵はどうなるでしょうか?
結果、その絵は描いた本人の絵ではなく、私の絵になってしまうのです!
そこで、私は言います。
「どうぞ、ご自身が描きたいと思うところから描いていってください。」
初めて絵を描くのに何も教えてくれない!と思われちゃうかもしれないけど、わかってくれる日がきっとくるから、と内心の私はひとりごと、、、

IMG_0996

生徒さんは、しばらくじっと画用紙を見つめています。
そして、ためらいながらも真っ白な画用紙に描き出します。
自分の大海原への出発です!!!☆☆☆
羅針盤は自分の心の中!!!☆☆☆
途中、快晴の青空の下、順調な航海のときもあれば、荒れる波に行き先を翻弄されることも。
大丈夫ですよ。
アトリエで遊びながら育ち、絵を描くことを学び、その人の中のキラキラきらめくところを見つけ出して、よりいっそうきらめかせることが大好きな私が、あなたを補助する羅針盤。

IMG_1002

生徒さんの心からの笑顔が咲き誇る!!!☆☆☆
私の魂の歓びのひととき。。。☆☆☆

もっともっと幸せになちゃいましょ!!!☆☆☆

ペアーレ埼玉 大人の鉛筆1本で始める絵心教室

画像の無断転載は禁止です。